接木新潟黒十全苗

美味しいナス浅漬けが出来ます。
生で食べても美味しい!

接木黒十全苗


接木新潟黒十全苗

新潟伝統野菜。浅漬けに最適なキンチャク型のなす

  • 新潟県下に在来する巾着なす「十全」「梨茄子」を改良した品種です。
  • 濃黒紫色で光沢が強い幅広の巾着形で、シワが多く、花落ち部が大きいのが特徴。
  • 多汁質で肉質のしまりが良いので、浅漬用は40g。煮物や漬物用は80g程度で収穫します。
  • 果実に多量に水を蓄える性質上、乾燥には弱いので、小まめに水を与えます。
  • 接木苗なので連作障害の代表的な病気である青枯病に強い抵抗性があります。

育成 北越農事 | カテゴリー 接木苗 | 品種 新潟黒十全・台太郎

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

接木新潟黒十全の作り方

美味しい漬なすの代表「泉州水ナス」の原型のような品種が新潟に存在しています。
新潟県中蒲原郡十全村(元村松町)に伝来した「十全(白十全または本十全)」と長岡市大島に伝来した「梨ナス」です。
果色が薄い「十全」と比べて果色の濃い「梨ナス」は「黒十全」と呼ばれるようになりました。
現在、「十全茄子」と言えばこの「黒十全」を指すことが多いです。
固定種在来種 の自家採取 では種子の供給に難がありましたが、「黒十全」の系統間F 1「新潟黒十全」が育成され、県内はもとより東京市場にまで出荷さるようになりました。

梨なすは「塩漬け」が一番と言われています。
柔らかい皮の感触と果肉の風味を楽しむために、丸ごと漬けて召し上がるのがおすすめです。
乾燥が続くと果皮が硬くなるので水分管理にご注意ください。

肥 料

肥料は、植付けの2~3週間前に1m²当たり、苦土石灰150gと堆肥3kgをまいて耕うんします。
その後、化成肥料を100g散布して耕します。
うね幅150~180cmのうねを作り、マルチを張ります。

定 植

マルチの中が乾いている場合は、前日の夕方に植え穴を開けて0.5~1ℓの水を入れます。
軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
当日は、植付ける前に根鉢に水をタップリ含ませましょう。バケツなどに水を汲み、ポリポットを空気の泡が出なくなるまで浸し、軽く水を切ってから植え付けます。
定植には、一部開花苗が最適です。株間は50~70cm。
接木の接合部分を埋めないように、ポリポットの上に少し土が乗る程度の浅植えにします。
定植後、すぐに仮支柱を立て誘引しましょう。

整 枝

夏秋栽培は3本 仕立てが基本です。 主枝と1番花の下2本の側枝を残して、 それ以下を除去します。
以後は放任として枝が込んできたら剪定します。
枝を切りすぎると収穫量が減るので注意してください。

ホルモン処理

低温でも確実に着果させる為にホルモン処理をします。
ホルモン剤トマトトーンを50倍に薄めて、開花したナスの花に霧吹きで1回噴霧します。3番目の花まで処理を続けます。
ホルモン処理の効果
1)ナスの着果、肥大、熟期を促進する。
2)初期収穫量の増加が期待できる。
3)低温、日照不足などの条件下でも着実に着果させる。
4)石ナス防止にも高い効果がある。

追 肥 ・ かん水

一番果の収穫後に、速効性肥料(NK化成、尿素など)を
1m²当たり30~40g 株元から30cmほど離して施します。
2回目はうねの中ほど、3回目以降は通路へ、根の伸長に合わせて株元から距離を置きます。
草勢を見ながら10~15日間隔に行うのが良いでしょう。
開花中の花を見ると草勢の判断ができます。
雌しべの柱頭が長く飛び出て、花弁の色が濃いのが最高の状態です。
栄養状態が悪くなると柱頭が雄しべより短くなります。
その時は、速やかに追肥をしてください。
水分がないと肥料の効果が出ないので、降雨や潅水 の前後に追肥をします。液肥を水に薄めて水やりを兼ねる事もあります。
梅雨明け後にマルチ を取り除き、敷きワラや敷き草をします。
地温上昇と雑草の生育を抑える効果があり、雨水がうねの中まで染込むようにもなります。
梅雨明け後、乾燥が続く場合は、夕方にうね間かん水 を行います。

収 穫

浅漬用には40~50gの小果で、煮物、漬物用としては80~90g程度で収穫します。
大きくても柔らかいので大果は加熱調理しましょう。
収穫作業は朝晩の涼しい時間帯が最適です。
果実の温度が低いので呼吸量が小さく鮮度が保てます。
盛夏期で畑が乾いてる時は、果実同士で水分の競合が起こり、つやなし果(ボケナス)が発生します。
これを防ぐには、潅水摘葉、小果での収穫が有効です。

防 除

灰色かび病
果実に茶色い楕円の病斑ができカビが生じます。咲き終わった花びらから発病するので、枯れた花弁は取り除きます。
褐色円星病(かっしょくまるほし病)
はじめ白色の小斑点が葉の表面に複数発生し、徐々に大きくなり褐変して穴が空き、葉裏にカビが生じます。
肥切れで多発するので、草勢を落とさぬよう早めに追肥をします。
うどんこ病
夏から秋にかけ発生しやすい病害、発生初期には、葉の表面に白いカビが生じます。
蔓延するとナスのヘタまで白いカビに覆われて商品価値が落ちるので、発生を確認したら早めに薬剤で 防除します。
アブラムシ類
吸汁加害による生育抑制、TMV(タバコモザイクウイルス)の媒介をするので定植時にアクタラ粒剤5などを植穴の土に混ぜてから植えます。
オオタバコガ
梅雨明け後から10月まで数回飛来、産卵します。
はじめ新芽付近を食害。その後、蕾や花や果実に侵入してきます。
果実の中に入ると薬剤防除が困難になるので、成長点付近を常に観察して 食害痕や排泄物を早期発見して薬剤で防除しましょう。
適用薬剤
アファーム乳剤 / コテツフロアブル / マッチ乳剤


接木新潟
 黒十全苗

接木黒十全苗
 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。