極小トマト苗
マイクロトマト苗

珍しい極小トマト サラダやお弁当に!

マイクロトマト


極小トマト マイクロトマト苗

レッドイエロー

直径1cmにも満たない極小トマト!

  • 房成のマイクロトマトで、いつもと違うひと皿を演出できます。
  • 極小でありながら酸味、甘味が強くトマト本来の味があります。
  • ほぼ野生種なので、放任でも十分育ちます。株間は80cm前後と広くとります。
  • マイクロトマトと称して流通しているのはSolanum pimpinellifoliumであり、広く栽培されているトマト(Solanum lycopersicum)とは別種のようです。

藤田種子 | カテゴリー トマト苗 |レッド | イエロートパーズ

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

マイクロトマトの作り方

<ベランダ栽培>
大きめの鉢(6~10号)や大きめのプランターを使います。30cm以上のものを選びます。
用土は市販の培養土を用います。
枝が横に広がるので、鉢やプランターの中央に1株を植え付けます。
追肥は、プランターの場合は、化成肥料5gを2週間おきに施します。
その他の管理は、通常の場合と同じです。

畑での作り方

肥 料

植付けの2~3週間前に1m²当たり、苦土石灰150g と堆肥3~4kg を全面に散布して耕うんします。 その後化成肥料を、少し控えめに1m²当たり80~100g まいて耕します。
うね幅100~120cm のうねを作ります。
水はけの悪い畑では、高うねにした方が良いでしょう。
植付けの7~10日前にマルチングをして、十分な地温を確保して、速やかに活着をさせましょう。
4本に仕立てるので株間は80~90cmと広めにします。

定 植

定植には、一部開花苗が最適です。
若苗や1番果が肥大を始めている老化苗は避けます。
植付けの前日に、植え穴を開けてタップリ潅水しておきます。軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
当日は、植付ける前に根鉢に水をタップリ含ませます。
バケツなどに水を汲み、ポットの部分を空気の泡が出なくなるまで浸します。
1~2時間ほど水を切ってから根鉢を崩さないよう丁寧に植えます。
定植後、すぐに仮支柱を立て誘引しましょう。

整 枝 

マイクロトマトは、4本仕立てにします。
本葉5~6枚で摘心します。
先端を摘み取るとわき芽が、伸びてくるので生育の良い枝を4本選んで誘引します。
キュウリネットやビニール紐に止めながら、支柱の上部(150~160cm)まで枝が伸びたら、先端の花房の上、2~3 葉を残して摘心します。

追 肥 

開花果房の近くの葉の色が淡くなったら、1㎡当たり化成肥料を30g程度施してください。
追肥を効かせるには水が必要なので、併せて潅水をして下さい。
草勢判断は、生長点から10~15cmの茎の太さ、葉の巻き具合、葉色などで行います。
葉が内側に強く巻き込んで、葉色が濃いと草勢が強い傾向。
逆に、葉が伸びやかで、葉色が薄い感じならば草勢が弱い傾向です。

収 穫

開花後40日程度で収穫できます。
粒取りの場合は、着色した順にもぎ取ります。
房取りの場合は、果房全体の着色をみて、果房の付け根から収穫します。

防 除

トマト疫病
露地栽培では、梅雨時の発生が多い。
雨滴の泥はねを避ける為に、マルチングをしましょう。
葉かび病
はじめ葉の表面の一部分がわずかに黄変し、その裏側に灰白色の輪郭の不鮮明な病斑を生じ、灰白色のビロード状のカビを密生する。
露地栽培でも雨の多い年にまれに発生するが、実害はほとんどない。
オオタバコガ
梅雨明け後から10月まで数回飛来、産卵します。
はじめ新芽付近を食害。その後、蕾や花や果実に侵入してきます。
果実の中に入ると薬剤防除が困難になるので、成長点付近を常に観察して 食害痕や排泄物を早期発見して薬剤で防除しましょう。
適用薬剤
アファーム乳剤 / コテツフロアブル / マッチ乳剤


極小トマト マイクロトマト苗
レッド&イエロートパーズ

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。