シシリアン ルージュ苗
Sicilian Rouge

マウロの地中海トマトシリーズ

トマト苗


クッキング中玉トマト シシリアンルージュ苗

生で食べるのがもったいない! 調理用トマトの傑作!

  • イタリアの天才育種家マウロ氏が日本人向けに開発した調理用中玉トマト
  • ピンク系大玉トマトに比べてリコピンが約8倍、グルタミン酸が約3倍も多く含まれる。
  • 加熱によりコクが生まれ、短時間での調理が可能です
  • 手間をかけない粗放栽培(ソバージュ栽培)に適した品種です。

育成 パイオニアエコサイエンス | カテゴリー トマト苗 | 品種 シシリアンルージュ

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

クッキングトマト シシリアンルージュの作り方

"地中海トマト"シリーズは、粗放的な栽培を基本に育成選抜されています。
育成メーカーでは、露地や雨よけで野性的(ソバージュ)に育てる方法を
ソバージュ栽培と定義し推奨しています。

    【ソバージュ栽培の特徴】
  • なるだけ人間の手を加えず、トマト本来の自然な姿で栽培する。
  • 設備は、支柱とネットにマルチのみで設備投資を大きく削減する。
  • 株間は、80~100cm 条間うね間は220cmとゆったり栽培。
  • 枝葉が茂り根も多くなるので、乾燥に強く、裂果や尻腐れの発生が少ない。
  • 1株から2m以上の枝が20~30本出る大樹に育ち、多少の雨が降っても果実の味にあまり影響を与えない。
  • 豊富な日射しと新鮮な空気を十分に浴びて特有の香り、コク、風味が増す。

肥 料

堆肥と元肥 を主体に緩効性肥料の追肥と葉面散布で樹勢をコントロールします。
植付けの2~3週間前に1m²当たり、苦土石灰150g と堆肥3~4kg を全面に散布して耕うんします。
その後、緩効性肥料 を1m²当たり150g程度を散布して再度、耕耘します。うね幅200~220cm のうねを作ります。
水はけの悪い畑では、高うねにした方が良いでしょう。
植付けの7~10日前にマルチングをして、十分な地温を確保して、速やかに活着をさせましょう。
トマトは太陽の缶詰と言うほど、日光が大好きなので株間は、80~100cmとります

定 植

植付け前日までに、支柱とネットを設置しておきます。
支柱は、高さ2m以上確保して作業性を良くします。
枝葉が茂り、支柱やネットに荷重がかかるので、台風や大雨に耐えられるようにパイプやマイカー線 で十分補強しましょう。
支柱には、間口2m前後、高さ2.4mほどのU字支柱。又は、2.5mの直管パイプを左右から斜めに差し頭上で結んでも使えると思います。
ソバージュ栽培では、初期の草勢が強い方が良いので、やや若苗で定植します。
マルチの中が乾いている場合は、植付けの前日に、植え穴を開けてタップリ潅水しておきましょう。
軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
当日は、植える前に根鉢に水をタップリ含ませましょう。
バケツなどに水を汲み、ポットの部分を空気の泡が出なくなるまで浸します。
1~2時間ほど水を切ってから根鉢を崩さないよう丁寧に植えます。
根鉢の上に少し土が乗るくらいの浅植えにします。
定植後、すぐに仮支柱を立て誘引しましょう。

整 枝

基本的には放任ですが、生育初期から全ての脇芽を伸長させると過繁茂になり、病害の被害を受けます。株元の通風を良くするために第2段果房までのわき芽は、5cmくらいまでに取り除きましょう。
2段果房から上のわき芽は伸長させて、重みで垂れ下がる前に、テープナーなどでネットに誘引固定します。
秋になると低温で収穫不能となるので関東などの一般地では、9月中旬に先端の開花房の上の2~3 葉を残して摘心します。摘心によって上段果実への日当たりが良くなり、熟期が速まり、未収穫果が少なくなります。

追 肥 

追肥は、草勢を見ながら行います。
3段花房が、開花した頃に1回目の追肥として1m²当たり化成肥料70~80g を株間に施します。
草勢が強い株は、4段花房の開花まで追肥を送らせます。
2回目の追肥は、5段花房の開花時。通路部分に、1回目と同程度の量を施します。
葉カビ病や灰色カビ病の防除を兼ねて薬剤散布と同時に、液肥400~500倍を葉面散布 をする事もできます。

かん水 敷きわら、裂果の対応

露地栽培では、特にかん水の必要はありません。
やや乾きぎみにした方が、美味しいトマトが収穫できます。
梅雨明け後は、うねの表面にワラや枯れ草を敷いて、地温を和らげるようにします。

収穫初めは降雨の影響で裂果することがありますが、脇芽が伸びて樹が大きくなると雨が降っても裂果しにくくなります。
大雨等で裂果した場合、放置しておくと病虫害や着果負担の原因になるため、すみやかに割れた実を取り除きましょう。

収 穫

十分に果実を熟させ、涼しい朝のうちに収穫します。
ヘタが取れやすいのでヘタをつけて収穫する時は、ハサミを使用します。
病害予防の為に、収穫終了した果房の下の葉は取り除きます。

防 除

トマト疫病
露地栽培では、梅雨時の発生が多い。
雨滴の泥はねを避ける為に、マルチングをしましょう。
オオタバコガ
梅雨明け後から10月まで数回飛来、産卵します。
はじめ新芽付近を食害。その後、蕾や花や果実に侵入してきます。
果実の中に入ると薬剤防除が困難になるので、成長点付近を常に観察して 食害痕や排泄物を早期発見して薬剤で防除しましょう。
適用薬剤
アファーム乳剤 / コテツフロアブル / マッチ乳剤


手造りトマトソースに最適 シシリアンルージュ苗

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。