メロン苗
ひとくちメロン苗

俵型で小振りのメロン。家庭菜園でも美味しく作れるノーネットメロンです。  

ひとくちメロン


メロン ひとくちメロン苗 

小さな俵型メロンが鈴なり。作りやすいマクワメロン!

  • 350mlジュース缶くらいの大きさ。
  • 小さくて手頃なひとくちサイズ、手軽に食べられます。
  • 耐暑・耐湿性にすぐれ、病気にもかかりにくい。
  • 元肥重点に畑はよく耕し、油粕、堆肥など与えておきます。
  • 果皮色は淡緑色で、200g内外の短筒型の甘くて美味しい実がなります。収穫期は6月~9月上旬です。

育成  愛三種苗| カテゴリー メロン苗 | 品種 ひとくちメロン

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

ひとくちメロン苗の作り方

メロン原産地は、西アジアから北アフリカにかけてです。
かなり早くにユーラシア大陸全域に伝播しました。
日本列島にも貝塚から種子が発掘されていることから、既に縄文時代に伝わり、栽培されていたと考えられています。
日本では古来より「ウリ」の名で親しまれてきましたが、ヨーロッパや西アジアの品種群が伝えられると、西欧諸語起源のメロンの名で呼ばれるようになりました。
今では、ヨーロッパ系の品種群をメロンそれ以外の特に東アジアあるいは中国西域ぐらいまでの範囲で伝統的に栽培されている品種群をウリと呼ぶのが慣例となってます。

肥 料

植付けの2~3週間前に1m²当たり、つる割れ病予防に苦土石灰100g と堆肥2~3kg を全面に散布して深く耕うんします。
その後、化成肥料(N:P:K=8:8:8)を1m²当たり120~150g まいて再度、耕うんして、うね幅200cmのうねを作ります。
水はけの悪い畑では、高うねにした方が良いでしょう。
植付けの7~10日前にマルチングをして、十分な地温(16~18℃)を確保して、速やかに活着をさせましょう。
2本仕立ての場合、株間は80~100cm程度にします。

定 植

定植は、本葉3~4枚で行います。
晩霜の心配があれば、ホットキャップをかけてやります。
植付けの前日に、植え穴を開けてタップリ潅水しておきましょう。
軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
根鉢にも水をタップリ含ませましょう。
植え方は、根鉢が見える程度の浅植えにします。

整 枝

本葉が5~6枚のころに摘芯して、子づるの発生を促します。
子づるが伸びてきたら、生育の揃ったものを3~4本残し、あとは摘み取ります。
孫づるの1節目に着果しますが、株が小さいと着果負担が大きいので、子づるの3~4節目までの孫づるは切除します。
5節以降の孫づるは、着果させ2葉残して芯を摘みます。
形のよい果実を選び、各子づるに3~4個残します。
子づるは、20節程度で摘芯します。
わき芽は込みすぎない範囲で出来るだけ残す方が株が疲れず、最後までおいしい果実が収穫できます。

人工受粉 

虫媒受粉しますが、人工受粉した方が確実に着果します。
雌花、雄花、共に当日開花した花を使用します。
開花した雄花を軸ごと取り、花びらを取り除き雄しべを露出させて雌花の雌しべに花粉を優しく、まんべん無く付着させます。乾いた小筆を使い受粉作業を行う事も出来ます。
交配は午前10時までに行います。

追 肥 / 摘 果

果実が鶏卵大になったころ、ツル先に油かすと化成肥料を1株に、ひと握りほど追肥します。
株あたり7~8果が目安ですので、余分な果実は摘果しましょう。
最初の追肥から2~3週間後に、2度目の追肥します。
つるが伸び出したら、順次敷きわらを広げ、泥のはね返りや地温の上昇を抑えます。
ポリのマルチングをしたときも、巻きひげがからむところがないので、風でつるが吹き回されないように、軽く敷きわらをします。

収 穫

開花から35~40日ほどたったころが収穫適期となります。
収穫の10日ほど前から、水やりを控えると果実の糖度が増し、裂果も防げます。


メロン ひとくちメロン苗

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。