かぼちゃ苗
くりゆたか苗

粉っぽくて甘味が強い 黒皮栗かぼちゃ 

かぼちゃ苗


かぼちゃ くりゆたか苗 

着果安定した強粉質多収の大玉品種!

  • 玉の揃いがよく、やや濃い緑色で腰高扁円形です。
  • 果実は1.8~2.0kgの大玉。肉質は強粉質で、甘味も強く大変おいしい。
  • 葉柄強く、葉折れ倒伏少なく風に強い。ウドンコ病の発生も少ない。
  • 雌花着生は従来品種程度だが、着果は大変よく、収量性が高い。
  • 収穫後に2週間~1カ月「キュアリング」してください。

育成  みかど協和 | カテゴリー かぼちゃ苗 | 品種 くりゆたか

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

かぼちゃ くりゆたかの作り方

かぼちゃの呼び名は、日本で最も古く書物に載った和名は、「ナンバンウリ」「アコダウリ」
次に古いのは「ボウブラ」ポルトガル人が長崎へカボチャをもたらしたとき「Abobura(アボウブラ)Abobora(アボボラ)」といったのが訛ったのではないかとされています。
中国南京から来たということで南京瓜(ナンキン)中国から渡ってきたナスに似たものということで唐茄(トウナス)カンボジアから来たということでカボチャというふうに解説されています。

くりゆたかは、黒皮栗かぼちゃです。一般的に広く流通しているタイプの南瓜です。
分類としては西洋かぼちゃ、果皮の色は緑~濃緑。溝はあまり深くありません。
果肉は粉質で、糖化するデンプンが多く、加熱すると甘味が増してホクホクとした食感になります。

肥 料

植付けの2~3週間前に1m²当たり、苦土石灰100~120g と堆肥2~3kg を全面に散布して耕うんします。
その後、化成肥料を1m²当たり80g まいて再度、耕うんして、うね幅3mのうねを作ります。
水はけの悪い畑では、高うねにした方が良いでしょう。
植付けの7~10日前にマルチングをして、十分な地温を確保して、速やかに活着をさせましょう。
株間は60cm程度にします。

定 植

定植は、本葉3~4枚で行います。
晩霜の心配があれば、ホットキャップをかけてやります。
植付けの前日に、植え穴を開けてタップリ潅水しておきましょう。
軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
根鉢にも水をタップリ含ませましょう。
植え方は、根鉢が見える程度の浅植えにします。

整 枝

本葉5枚で摘心し、揃った3本を伸長させます。
早い収穫を求めて、低い節位から着果させたくなりますが、 10~13節に着果させると丁度良いので、1番花、2番花は取り除きます。
1番果の3~4節後に2番果を着果させると、1つる2果取りが可能。
着果節までの孫づるは、全て切除し、それ以降は草勢をみながら行いますが、基本は放任になります。
着果した節から出た孫づるは、果実に栄養を集中させる為に、早めに切除しましょう。

追 肥 / 敷きわら

交配期の草勢の目安としては、つる先が地面より10cmほど上に起き上がり、開花した雌花の上に6~7葉あるの丁度良い草勢です。
着果が確認できた頃に、つる先に追肥を行います。
追肥の量は、1m²当たり化成肥料40gを目安にします。
また、つるが伸びるに従って敷きわらを広げていきます。
敷きわらはの乾燥防止と果実の汚れを防ぐために重要です。

人工受粉 

虫媒受粉しますが、人工受粉した方が確実に着果します。
雌花、雄花、共に当日開花した花を使用します。
開花した雄花を軸ごと取り、花びらを切除して雄しべを露出させ、雌花の雌しべに花粉を優しく、まんべん無く付着させます。
乾いた筆を使い受粉作業を行う事も出来ます。
交配は早朝8時までに行います。

収 穫

着果から半月ほど経過して、果実が大きくなったら、花落ち部を下に置き直し、形や色を整えてやります。
収穫は、品種によっても違いますが、開花後40~50日で、果梗部のコルク化が目安になります。
コルク化は、初め縦に茶色くなり、その後、横に広がって行きます。横に広がって行った頃が収穫適期です。
長い間貯蔵する場合は、日焼けを避けるために、葉や新聞紙で日よけします。

収穫後の管理

収穫後、「キュアリング」を行います。
気温25~28℃ 湿度70~80%の風通しの良い所に14~30日程度置くことで、切り口をコルク化させ傷口から腐敗性の病原菌が侵入することを防ぎます。
同時に追熟させ果実のデンプンが、糖に代わるのを助け食味を良くする効果もあります。
キュアリング期間が長すぎたり、温度が高すぎたりすると南瓜が、水っぽくなるので、ご注意ください。
キュアリング後は10℃前後の風通しの良い冷暗所で貯蔵しましょう。

防 除

うどんこ病
発病初期は、葉面にうどん粉をまぶしたように白いかびが、円形に生える。 病勢が進むと植物体全体が汚白色のかびで覆われ、ついには枯れ上がる。
やや乾燥した条件下で多く発生するのでハウス栽培で被害が大きいが、露地栽培でも夏季の高温乾燥時に多発する。
多肥栽培で多発する傾向がある。
発病初期に薬剤を散布し防除を徹底する。
パンチョTF顆粒水和剤/ モレスタン水和剤/ ベルクート水和剤/


かぼちゃ くりゆたか苗

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。