丸ズッキーニ苗
ブラックエッグ苗
ゴールディー苗

卵型ズッキーニ! 濃緑のブラックエッグと黄皮のゴールディー

丸ズッキーニ苗


丸ズッキーニ
ブラックエッグ苗 / ゴールディー苗 

丸くてかわいい卵型ズッキーニ!

  • 草姿は完全なつるなしで、スペースをとりません。
  • 各節から連続して雌花が咲くのでたくさん収穫できます。
  • 肉類との油炒めが最も良く、揚げ物や煮物などの料理にあいます。
  • 面積をとらないので、家庭菜園にも好適です。
  • 開花後3~5日(果実の直径が7cm、200g前後)で収穫します。

育成  神田種苗 | カテゴリー かぼちゃ苗 | 品種 ブラックエッグ / ゴールディー

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。

丸ズッキーニの作り方

日本ではまだ、馴染みが薄いズッキーニですが、イタリアや南フランスでは一般的で、南フランスの代表的な野菜料理「ラタトゥィユ」には欠かせない食材です。
一般的なズッキーニと同じ料理に使える他、小さな手のひらサイズの丸い形を活かし、中をくり抜いて器状にし、詰め物をした料理にも適しています。
ちなみにズッキーニはイタリア語で、フランスでは「クルジェット」と呼ばれています。
保存するときは、ラップや新聞紙などに包んで、涼しくて風通しのよいところか、冷蔵庫の野菜室で保存します。

肥 料

植付けの2~3週間前に1m²当たり、苦土石灰100~150g と堆肥2kg を全面に散布して耕うんします。
その後、化成肥料を1m²当たり100g施し再度、耕うん。
うね幅100~150cmのうねを作ります。
水はけの悪い畑は、高うねにしましょう。
植え付けまでに畑をトンネル、マルチなどで保温し、地温を15℃以上確保しておきます。
株間は60~100cmにします。

定 植

定植は、本葉3~4枚で行います。
晩霜の心配があれば、ホットキャップをかけてやります。
植付けの前日に、植え穴を開けてタップリ潅水しておきましょう。
軽く土を握って2~3秒後にポロッと崩れるのが良い水分状態です。
根鉢にも水をタップリ含ませましょう。
植え方は、根鉢が見える程度の浅植えにします。
定植後、株元に敷きわらをします。
うねの乾燥防止と果実の汚れを防ぐために重要です。

整 枝 / 誘 引

つるなしのため、とくに整枝は必要としませんが、
古い葉や病葉は除去すると、採光性および、風通しがよくなり病気の発生も少なくなります。
葉が大きいので風の影響を受け倒伏し、つるが折れる事があります。
短い支柱(1mくらい)を立ててヒモで誘引して株を安定させましょう。

追 肥

収穫が始まったら、1m²当たり化成肥料10gを10~15日間隔で、追肥を行います。

人工受粉 

虫媒受粉しますが、人工受粉した方が確実に着果します。
雌花、雄花、共に当日開花した花を使用します。
開花した雄花を軸ごと取り、花びらを切除して雄しべを露出させ、雌花の雌しべに花粉を優しく、まんべん無く付着させます。
乾いた筆を使い受粉作業を行う事も出来ます。
交配は早朝8時までに行います。

収 穫

開花後3~5日くらい、果実の直径が6~7cm、200g前後収穫します。

防 除

うどんこ病
発病初期は、葉面にうどん粉をまぶしたように白いかびが、円形に生える。 病勢が進むと植物体全体が汚白色のかびで覆われ、ついには枯れ上がる。
やや乾燥した条件下で多く発生するのでハウス栽培で被害が大きいが、露地栽培でも夏季の高温乾燥時に多発する。
多肥栽培で多発する傾向がある。
発病初期に薬剤を散布し防除を徹底する。
パンチョTF顆粒水和剤/ モレスタン水和剤/ ベルクート水和剤/


丸ズッキーニ
ブラックエッグ苗 / ゴールディー苗

 価格はご注文ページでご確認ください。 上記のボタンを押すと新規に開きます。
 お支払は、クレジットカードと代金引換、先払いの銀行振込とコンビニ払いが選べます。
 送料は地域によって異なります。 詳しくは、お買物ガイドをご覧ください。