農業用語の基礎知識

耳慣れない園芸農業専門用語をサクッと解説しちゃいます!

  • 緑肥 りょくひ

    栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑にすきこみ、つまり、植物と土を一緒にして耕し、後から栽培する作物の肥料にすること、またはそのための植物のこと。

  • 輪作 りんさく

    地力の維持と病虫害をさけるため、同じ土地に生態的性質の異なる作物を一定の期間を置いて周期的に栽培すること。輪栽。

  • 裂球 れっきゅう 

    収穫時期にキャベツの玉が破裂する現象。
    生育初期は乾燥気味に育ち、生育後期に大雨で水分を吸収した後、晴天の日が続くと裂球してしまう。
    裂球が始まったら、できるだけ早く収穫することが基本となるが、除葉や断根によって裂球を7~10日遅らせることが可能。

  • 連作 れんさく

    一つの作物を同じ圃場に繰り返し作付けすること。
    種類によって連作が可能なものと不可能なものが、ある。
    一般には新しい圃場の方が上作が得られるから、連作可能の種類であっても用地は変えた方がよい。

  • 老化苗 ろうかなえ

    適期を過ぎ、肥料が切れてしまい葉色が薄れたり、根が鉢の中で巻き過ぎてしまった苗。
    植える場合は、液肥に浸してから行う。

  • 露地栽培 ろじさいばい

    温室や温床などの特別の設備を使わず露天の耕地で作物を栽培する農法。