おなじみのハッカ!需要は世界一の芳香植物!

 ポイント 

  • シソ科の宿根性多年草で、草丈60cm程度。
  • 茎葉に、さわやかな香気と、世界中で一番需要のあるハーブ。
  • 冷涼な気候を好み、暑さが少し苦手なため、夏までにある程度育てておきたい。
  • 湿り気の多い肥えた土に植え、半日陰~日なたで乾かさずに管理する。

ミント

ミントは性質が強いので、地植えでも鉢植えでもどちらでも栽培が可能です。
ただし、ミントは地下茎で繁殖していく、大変繁殖力の強いハーブです。
増やしたい方は地植えにしても構いませんが、環境にあうと、地下と地上の両方から増えていくので、ものすごい勢いで増えていくのでご注意ください。
このことからミントは「爆殖植物」などと表現されることもあります。
ミントに限らず、地下茎で増えるタイプの植物は一度地植えすると、抜くのにとても力が必要になるので、増えすぎた時点で整理するのはとても大変です。

画像参照:タキイ種苗

       

ハーブ ペパーミント苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


ミントを育てる環境
日当たりが良すぎる場所だと葉焼けするので、半日陰等の風通しの良い場所が最も適しています。
日陰では葉の色や香りが悪くなります。
鉢植えでは、乾燥にはそれほど強くないので、保水性のある土がよいです。

栽 培

ミントの切り戻し
ミントを健康的な株に保つために、定期的に茎を1/2~1/3程度、剪定する方法です。
雨と湿気で株が蒸れやすいので、一般的に梅雨入り前から梅雨の間に剪定をすることが多いです。
切り戻しの際には、伸びた茎を全体的に切ります。
地際から草丈の半分くらいの間で切り戻します。
剪定後、しばらくすると新しい芽がどんどん出てきます。
ミントは宿根草なので、冬に入る前の冬越しの剪定も地際で思いっきり剪定します。
春になると、土が割れるように新芽が芽吹いてきます。

 

ハーブ ペパーミント苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング