小さな俵型メロンが鈴なり。作りやすいマクワメロン! 

 ポイント 

  • 350mlジュース缶くらいの大きさ。
  • 小さくて手頃なひとくちサイズ、手軽に食べられます。
  • 耐暑・耐湿性にすぐれ、病気にもかかりにくい。
  • 元肥重点に畑はよく耕し、油粕、堆肥など与えておきます。
  • 果皮色は淡緑色で、200g内外の短筒型の甘くて美味しい実がなります。

ひとくちメロン

メロン原産地は、西アジアから北アフリカにかけてです。
かなり早くにユーラシア大陸全域に伝播しました。
日本列島にも貝塚から種子が発掘されていることから、既に縄文時代に伝わり、栽培されていたと考えられています。
日本では古来より「ウリ」の名で親しまれてきましたが、ヨーロッパや西アジアの品種群が伝えられると、西欧諸語起源のメロンの名で呼ばれるようになりました。
今では、ヨーロッパ系の品種群をメロンそれ以外の特に東アジアあるいは中国西域ぐらいまでの範囲で伝統的に栽培されている品種群をウリと呼ぶのが慣例となってます。

       

メロン
ひとくちメロン苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


メロンの糖度は、収穫直前に急激な上昇をします。交配日を記入したラベルをつけておき、試しどりをするのが確実です。

やや小型でやや俵型をしています。
サクサク感と香気と共にあっさりした甘味が特長です。

栽 培

ひとくちメロン

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり80~120gまき、耕うん後、うね幅200cmで、うねを立てマルチを張ります。

本葉3枚ほどの若苗を2本仕立ての場合は、株間80~100cmで植付けます。浅めに植えて株元に水をやり、地際を露出させると病気の予防になります。

本葉5~6枚の頃摘芯し、子づる3本立にします。
子づるの葉7~8枚の頃、摘芯して孫づるを出させて着果させます。
生育に伴い敷わら等を行います。

開花から35~402日ほどたったころが収穫適期となります。
取り遅れると裂果します。

 

メロン
ひとくちメロン苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング

うり類苗