野菜苗づくり

専業農家の栽培テク。家庭菜園でも役立ちます。

トマトの幼苗接木

ジョインホルダーを使用した接木法

トマトの幼苗接木

ポイント!

  • 穂木、台木は水を控え硬めに仕上げる
  • 作業台にガイドラインを引くと切断の角度が一致する
  • 切り取った台木の葉は確実に処分(穂木とまぜない!)
  • 良く切れるカミソリやカッターを使いましょう。

使用するのは「ジョインホルダー2.1」サイズは4段階に分かれていますが2.1が丁度良いと思っています。台木の太り加減により2.4も用意しましょう。

接木器具

台木 はボランチ使用。3月10日播種
穂木 はホーム桃太郎。2日後の3月12日播種。
接木作業は4月15日。種まき後、35日くらいが適期です。
定植は5月10日~15日頃になります。
育苗には128穴のセルトレーを使います。

今年は、晴天が多かったのでプラグトレー の苗の生育は旺盛で軸も太くなり、 後半の10日は夜間もビニールを取り外して不織布 を1枚掛けるだけの管理で硬く仕上がりました。
発芽後から週一で液肥 を500倍~200倍の範囲でかけてきました。

最新のブラウザーをご使用下さい。 接木手順を動画でご覧頂けます。


最初に台木 を引き抜きます。
抜きにくかったら水抜きの穴から棒で突き上げると簡単に抜けます。
根鉢 が崩れない程度の水分にしておくと作業しやすい。
板に水平線と斜めの線をガイドとして描いておきます。角度は30度くらい。

接木

カミソリやカッターで台木の子葉の上を斜めにカット。
茎の太さや長さによってカットする位置が上下しても大丈夫です。
台木の葉は即座に捨てましょう!(混ざると大変です。)
角度を確認しながらジョインホルダーを差込みます。

接木

穂木 を地際で切り取り、子葉の上で斜めにカット。(台木と同じ角度でカットしましょう!)
切断面がピッタリ合った方が細胞の融合が速いので角度は大切です。
上からグッと挿し込みます。

接木 接木 接木

一個飛ばしに千鳥でプラグトレーに並べると徒長予防になります。
並べ終えたら底面給水 させ養生床に入れましょう。
養生 管理は、リポート4 なす接木養生管理 を参考にしてください。