照り輝きのある濃緑果実!夏の暑さや病気に強い!

 ポイント 

  • 耐暑性と耐病性が特に強い夏秋用の短形白イボキュウリ。
  • 草勢が強く側枝の発生がよい。
  • 濃緑で光沢があり良質で、高温乾燥期にも色あせしにくい。
  • 強い草勢で、高温期でも勢いを持続する暑さに強い。
  • 接木苗にはキュウリ専用のF1カボチャ台木「きらめき」を使用しています。

夏の暑さや乾燥条件に強い家庭菜園向きのきゅうりです。
接木苗は乾燥高温に強い”きらめき”台木使用しているので耐乾性がアップしています。
台木から発生する脇芽は、早めに切除してください。台木のカボチャに栄養を取られてしまいます。

連作を続けている畑、つる割病が発生する畑には接木苗をおすすめします。
耐暑性、耐乾性の高いカボチャ台木で初心者にも育てやすい接木苗です。

       

きゅうり
つばさ苗

接木苗

接木苗ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


きゅうりの代表的な病害であるべと病・うどんこ病に強い品種です。

春植え夏どりに適した耐暑性にすぐれる夏秋キュウリ。
草勢が強く側枝の発生がよい。
平均果長は21cmで果色は濃緑色、房咲きで成り戻り性あり収穫多い。

栽 培

つばさ

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり150~200gまき、耕うん後、うね幅80~100cmで、うねを立てマルチを張ります。

本葉3枚ほどの若苗を株間40~50cmで植付けます。
浅めに植えて株元に水をやり、地際を露出させると病気の予防になります。

下から7節までの側枝と雌花は、早めに取り除きます。草丈150~160cmくらいまで育ったら、親づるの先を摘心します。
子づるは、葉を2枚残して摘心します。

収穫の適期は、果実の長さが20cm程度の時です。 大きくなり過ぎると、草勢が落ちるので適期で収穫しましょう。

収穫をはじめたら追肥のタイミングです。1m²当たり60~70gを10日間隔で施します。

 

きゅうり つばさ苗

接木苗

接木苗ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング

うり類苗