家庭菜園でも美味しく作れるノーネットメロン 

 ポイント 

  • マクワウリと露地メロンを交配させた名品種。
  • 芳醇な香りとジューシーな果肉で根強い人気。
  • 糖度が15~17度と甘く全国的に幅広く栽培されています。
  • 雨除け栽培をすればより良品が収穫できます。
  • 平均果重:約500g 収穫目安:開花後40~45日 

プリンスメロン

まくわうりの一種ニューメロンとカンタロープ種のシャランテメロンの交配により誕生した一代交配種です。
安価なメロンの先駆者であり、マスクメロンとマクワウリしか無かった時代にメロンを一般大衆化しました。

メロンの糖度は、収穫直前に急激な上昇をします。交配日を記入したラベルをつけておき、試しどりをするのが確実です。

つくりやすい露地メロンの代表品種です。
果実は500~600g、ほぼ正円球で灰白色、甘さ抜群で糖度15~17度になります。
熟したときの甘い芳香が、収穫の喜びを誘います。

       

メロン
プリンスメロン苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


栽 培

プリンスメロン

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり80~120gまき、耕うん後、うね幅200cmで、うねを立てマルチを張ります。

本葉3枚ほどの若苗を2本仕立ての場合は、株間60~70cmで植付けます。浅めに植えて株元に水をやり、地際を露出させると病気の予防になります。

本葉が4~5枚のころに摘芯して、子づるの発生を促します。
子づるが伸びてきたら、生育の揃ったものを3~4本残し、あとは摘み取ります。
孫づるの1節目に着果しますが、株が小さいと着果負担が大きいので、子づるの3~4節目までの孫づるは、切除します。
果実が鶏卵大になった頃、ツル先に油かすと化成肥料を1株に、ひと握りほど追肥します。
株あたり8~10果が目安ですので余分な果実は摘果しましょう。
最初の追肥から2~3週間後に2度目の追肥します。

開花から35~42日ほどたったころが収穫適期となります。
果皮に光沢が出て、プリンスメロン独特の芳香するようになります。
ヘタと果実の間にひび割れが出始めたら収穫の適期です。

 

メロン プリンスメロン苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング

うり類苗