グリーンカーテンに最適!育ちが速くたくさんの葉が茂ります。 

 ポイント 

  • 雌花の発生が良いので、早くからたくさん収穫できる早生多収の品種
  • 果長 約22~25cm 太さは7~8cm 果重は平均で約250gになります。
  • 淡い苦味でゴーヤ初心者の方でも楽しめるニガウリです。

ほろにがくん

ゴーヤは果実が地面に接すると傷むので、「キュウリネット」などを利用した立体栽培が適しています。

緑のカーテンを作るには、伸びた子づるを小まめに、等間隔になるように誘引します。
ところどころ、ヒモで結び留めても良いでしょう。
すき間なく葉で、面を埋めるようにつるを配置するのがコツです。
水不足に注意し、十分な潅水と追肥が必要です。

ゴーヤーには、ビタミンCが多く含まれており、レモンの2~3倍、キャベツの約4倍に値します。
また、加熱によってもほとんど壊れないのが特徴です。
ビタミンCや、緑色のゴーヤーに含まれるカロチンは疲労回復に効果的なので、夏バテ防止にオススメです。
ビタミンC以外にも多くの栄養がゴーヤーには含まれています。

       

ゴーヤ
ほろにがくん苗

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


栽 培

ほろにがくん

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり100gほどまき、耕うん後うね幅150cmで、うねを立てマルチを張ります。

本葉3枚ほどの若苗を株間80~100cm程度で植付けます。プランターで栽培する場合、60cmのプランターに1株で充分です。浅めに植えて株元に水をやり、地際を露出させると病気の予防になります。

本葉が6~7枚で摘芯して、生育の揃った子づるを4~5本伸長させます。
子づるが、高さ1.5~2mまで伸びたら先端を摘心し、孫づるの発生を促しましょう。
ゴーヤは孫づるに着果します。

追肥1回目は、全体が50cmに伸びたころ。2回目は、実が着果したころに行います。
以降は2週間おきに油かすや液肥を少量づつ与えます。

虫媒花なので自然に着果しますが、高い建物のベランダで栽培する場合は人工授粉が必要です。
開花後15~20日くらいで果長22cmが収穫の適期なので早めの収穫を心がけるましょう。
込み合った蔓は適宜整枝と誘引を行い健全な生育を心がけましょう。

 

ゴーヤ ほろにがくん

自根苗

ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング

うり類苗