少ないスペースで栽培可能! 多収が魅力のズッキーニ! 

 ポイント 

  • 草姿は完全なつるなしで、節間がごく詰まる。
  • 各節から連続して雌花が咲き、収量が多い。
  • 肉類との油炒めが最も良く、揚げ物や煮物などの料理。
  • 面積をとらないので、家庭菜園にも好適。

ダイナー苗

ズッキーニは、キュウリの仲間ではなくカボチャの一種です。
家庭菜園の狭い畑だとカボチャのつるに占拠されてしまいますが、ズッキーニはツルが、ほとんど伸びないので限られた面積でも作ることができます。

油で炒めとズッキーニに多く含まれるカロチンの吸収率をUPさせ、体の免疫を強化し、風邪の予防や粘膜の保護に効果があります。
ビタミンBが、血液の循環を良くし、体に溜まった余分な水分を排泄してくれるので、むくみ解消や血行促進によって美肌効果を発揮します。

       

緑ズッキーニ
ダイナー苗

自根苗(店舗販売)


キュウリじゃないよ! カボチャだよ!! 食べるとナスにも似ているよ!?。

日本では新顔ですが、フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられ
南フランスの「ラタトゥイユ」は代表的な料理です。
炒めたり、フライにしたりするなど、淡白な味わいはさまざまな料理に使われています。

栽 培

オーラム苗

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり100gまき、耕うん後、うね幅100cmで、うねを立てマルチを張ります。

本葉3~4枚の若苗を株間60cm程度で植付けます。浅めに植えて株元に水をやり、地際を露出させると病気の予防になります。

つるなしの為、整枝は必要ありませんが、古い葉や病葉は除去すると、採光性および、風通しがよくなり病気の発生も少なくなります。
葉が大きいので風の影響を受け倒伏し、つるが折れる事があります。 短い支柱(1mくらい)を立ててヒモで誘引して株を安定させましょう。

収穫が始まったら1m²当たり化成肥料10gを10~15日間隔で追肥します。

自然に着果しますが、必要な場合は、人工授粉を行います。
朝8時までに雄花をとり花弁をとり除いて、雌花の柱頭に花粉を着けます。当日開花した花を使用します。
開花後5~7日くらい、果長20cm前後で収穫します。

 

黄ズッキーニ オーラム苗

自根苗(店舗販売)