作りやすくてカワイイ!手のひらサイズのミニパプリカ      

 ポイント 

  • 手のひらサイズのミニパプリカ3色をご用意しました。
  • サラダや炒め物の色どりに使えます。
  • 小果で着果性が良いので、たくさん収穫できます。
  • 樹体の育成を促すために、1番花、2番花は取除きます。
  • 直売所で差別化商品として人気の品種です。
 

ちびパプ

果重は40~60gの可愛いミニサイズのカラーピーマンです。
開花後55日位で収穫期となります。
マリネや炒め物、サラダ等はもちろん、糖度が高く食べやすいサイズなので、そのまま丸ごと食べても美味しい品種です。
果色は濃赤色、鮮黄色、鮮オレンジ色、美しい紫色の4色があり、 単色販売でも、組み合わせにしてセットで袋に入れても美しい荷姿になります。
秀品率は高く着果性にも優れ、収益性が高い品種です。
草勢は中位で栽培し易いです。

着果性に優れ、果実が小さいのでピーマンを作る感覚で栽培可能です。
着色までに時間がかかり、着荷個数が増えていくので誘引はしっかり行ってください。

紫色のミニパプリカは『スイートカメレオン・ミニ苗』をご用命ください。

       

ミニパプリカ
ちびパプ苗

自根苗

レッド ご注文ページ ゴールド ご注文ページ オレンジ ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング


栽培のポイント
定植苗は一番花の開花直前くらいとし、3本または4本仕立ての1条植えを基準とします。 樹勢の維持を図るため、樹勢の状態を考慮しながら1~2番花は摘花 します。3番花以降での収穫を基本とし、分枝は2節で摘芯します。 着果性の高い品種ですので、誘引はしっかりと行い、早めの潅水と追肥を心がけます。

栽 培

ちびパプオレンジ苗

植付けの2~3週間前に石灰と堆肥を施し耕うんします。
肥料は化成肥料を1m²当たり150~200gまき、耕うん後、うね幅120~150cmでうねを立てマルチを張ります。

ピーマンは高温を好むので、地温15℃が植え時の目安になります。
マルチ内の地温が上がったら株間45~50cmで植付けます。

パプリカの完熟には開花後60日前後かかります。
実が付き過ぎたら摘果して草勢のバランスをとりましょう。
露地栽培では、ひび果が発生したら腐敗しないうちに収穫します。
できれば軒下やパイプハウスなどでの雨よけ栽培が理想です。

 

ミニパプリカ
ちびパプ苗

自根苗

レッド ご注文ページ ゴールド ご注文ページ オレンジ ご注文ページ

赤毛農園の直売所 yahoo!ショッピング

ピーマン・とうがらし類苗